logo01.jpg

たこフェス2.jpg




2011年5月からスタートしました。マルシェだけだとなんのことか分かりにくいという
まちの人の声から 朝いちマルシェ となり、そしてその後島のそとにもどんどん発信し
ていきたいという思いから 小豆島マルシェ 略して 島マルシェ となりました。
この通りは、西光寺さんの門前町、大正時代より大師市と呼ばれる市が年に2回、開かれ
ています。子どもたちはおこづかいをもらって、この大師市に行くのが何よりの楽しみ
だったそうです。そんな楽しい市ならもっとあってもいいよね、このマルシェは そんな
軽い発想からスタートしました。いつの日か通り全体あわよくば路地までお店がひしめき
合うことを夢みて、島マルシェやっております。




島マルシェが開催されているのは小豆島土庄本町地区、迷路のまちと呼ばれています。
迷路のようにみちが入りくんでいて、半世紀以上も住んでいるおばあちゃんも迷ってしまう
という迷路のまち。海賊からまちを守るためにあえてまちを入りくませたそうです。また、
南北朝の戦乱に備えたともいわれています。そんなこのまちには、様々な時代の痕跡も交錯
しながら残されています。島マルシェとともに、まち並みを散策するのもおすすめです。

marche_top.jpgmarche_top.jpg
marche_について.jpgmarche_について.jpg
marche_shop.jpgmarche_shop.jpg
marche_link.jpgmarche_link.jpg
marche_access.jpgmarche_access.jpg